2015年12月23日 (水)

Raspberry PI 2を買ってみた

4台目のラズパイを買った。

Raspberry Pi2 Model B ボード&ケースセット (Standard, Clear)-Physical Computing Lab

これで、model Bが2台、A+が1台、そして初めてのラズパイ2。

毎回毎回セットアップ時にコマンドを忘れるのでメモ。
 
リモートpiのファイル表示&ファイル転送
$ ssh pi@192.168.0.1 ls /home/pi
$ scp pi@192.168.0.1:/home/pi/public_html/index.html index.html
 
lighttpdのインストール
# apt-get install lighttpd
 
lighttpdの再起動
# service lighttpd restart
 
ユーザディレクトリを有効化する
# lighttpd-enable-mod userdir
 
CGIを有効化する
# lighttpd-enable-mod cgi
# vi /etc/lighttpd/conf-enabled/10-cgi.conf
↑でコメントアウトされているcgi-assignを有効にする
 
バックアップ&リストア
# tar cpzf /tmp/backup.tar.gz /home
# cd / # tar xpzf /tmp/backup.tar.gz
 

2015年6月21日 (日)

Raspberry PI が起動しなくなった

Raspberry PI が起動しなくなったが原因不明。

以下のようにリカバリモードになってしまって起動しない。

Uncompressing Linux... done, booting the kernel.
?
Welcome to the rescue system
recovery login: Uncompressing Linux... done, booting the kernel.
[    0.000000] Booting Linux on physical CPU 0x0
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpu
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpuacct
[    0.000000] Linux version 3.10.25+ (dc4@dc4-arm-01) (gcc version 4.7.2 20120731 (prerelease) (crosstool-NG linaro-1.13.1+bzr2458 - Linaro GCC 2012.08) ) #622 PREEMPT Fri Jan 3 18:41:00 GMT 2014
[    0.000000] CPU: ARMv6-compatible processor [410fb767] revision 7 (ARMv7), cr=00c5387d
[    0.000000] CPU: PIPT / VIPT nonaliasing data cache, VIPT nonaliasing instruction cache
[    0.000000] Machine: BCM2708
[    0.000000] cma: CMA: reserved 16 MiB at 17000000
~途中省略~
PANIC: Attempted to kill init! exitcode=0x0000000b

Entering kdb (current=0xd6850000, pid 1) due to Keyboard Entry
kdb>

復旧する方法をググってみたけどよくわからない。仕方が無いのでraspbianをダウンロードWin32 Disk Imagerで別のSDカードに書き込む。

OSはこれでいいが、壊れたイメージのHOMEディレクトリにあるデータをなんとか取り出せないかとやってみた。

まずは新しく作ったSDでraspberry pi を起動する。

次にSDマルチカードリーダーに壊れたと思われるSDを差しraspberryに接続する。

dmsgコマンドを見てみると次のように表示された。

pi@raspberrypi:~$ dmesg
[    0.000000] Booting Linux on physical CPU 0x0
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpu
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpuacct
~途中省略~
[  110.047063] scsi 0:0:0:0: Direct-Access     BUFFALO  USB SD Reader    1.00 PQ: 0 ANSI: 0
[  110.050423] sd 0:0:0:0: [sda] Attached SCSI removable disk
[  110.055958] scsi 0:0:0:1: Direct-Access     BUFFALO  USB CF Reader    1.01 PQ: 0 ANSI: 0
[  110.060082] sd 0:0:0:1: [sdb] Attached SCSI removable disk
[  110.063867] scsi 0:0:0:2: Direct-Access     BUFFALO  USB xD/SM        1.02 PQ: 0 ANSI: 0
[  110.069340] sd 0:0:0:2: [sdc] Attached SCSI removable disk
[  110.073081] scsi 0:0:0:3: Direct-Access     BUFFALO  USB MS Reader    1.03 PQ: 0 ANSI: 0
[  110.079171] sd 0:0:0:3: [sdd] Attached SCSI removable disk
[  110.241769] sd 0:0:0:0: Attached scsi generic sg0 type 0
[  110.242566] sd 0:0:0:1: Attached scsi generic sg1 type 0
[  110.245042] sd 0:0:0:2: Attached scsi generic sg2 type 0
[  110.254975] sd 0:0:0:3: Attached scsi generic sg3 type 0
[  492.594844] sd 0:0:0:0: [sda] 7744512 512-byte logical blocks: (3.96 GB/3.69 GiB)

これで目的のSDカードはsdaだとわかったのでfdiskで中身を見てみる

pi@raspberrypi:~$ sudo fdisk -l /dev/sda

Disk /dev/sda: 7861 MB, 7861174272 bytes
4 heads, 16 sectors/track, 239904 cylinders, total 15353856 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x000ba6a2

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1            2048     2466796     1232374+   e  W95 FAT16 (LBA)
/dev/sda2         2473984    15353855     6439936   85  Linux extended
/dev/sda5         2482176     2596863       57344    c  W95 FAT32 (LBA)
/dev/sda6         2605056    15353855     6374400   83  Linux

sda6にありそうだが、とりあえずマウントしてみる

pi@raspberrypi:~$ sudo mkdir /mnt/usb1
pi@raspberrypi:~$ sudo mkdir /mnt/usb2
pi@raspberrypi:~$ sudo mkdir /mnt/usb5
pi@raspberrypi:~$ sudo mkdir /mnt/usb6
pi@raspberrypi:~$ sudo mount /dev/sda1 /mnt/usb1
pi@raspberrypi:~$ sudo mount /dev/sda2 /mnt/usb2
mount: /dev/sda2: can't read superblock
pi@raspberrypi:~$ sudo mount /dev/sda5 /mnt/usb5
pi@raspberrypi:~$ sudo mount /dev/sda6 /mnt/usb6

マウントできたので続いて中身を見てみる

pi@raspberrypi:~$ df
Filesystem     1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
rootfs          15079896 2511772  11905152  18% /
/dev/root       15079896 2511772  11905152  18% /
devtmpfs          218636       0    218636   0% /dev
tmpfs              44584     252     44332   1% /run
tmpfs               5120       0      5120   0% /run/lock
tmpfs              89160       0     89160   0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1     57288   19400     37888  34% /boot
/dev/sda1        1231728 1164016     67712  95% /mnt/usb1
/dev/sda5          57288   19080     38208  34% /mnt/usb5
/dev/sda6        6240824 3527840   2377892  60% /mnt/usb6
pi@raspberrypi:~$ ls /mnt/usb1
bootcode.bin  recovery.cmdline            recovery.img     slides
BUILD-DATA    recovery.elf                recovery.rfs
images        RECOVERY_FILES_DO_NOT_EDIT  riscos-boot.bin
pi@raspberrypi:~$ ls /mnt/usb2
pi@raspberrypi:~$ ls /mnt/usb5
bootcode.bin  fixup_cd.dat  issue.txt             start_cd.elf
cmdline.txt   fixup.dat     kernel_emergency.img  start.elf
config.txt    fixup_x.dat   kernel.img            start_x.elf
pi@raspberrypi:~$ ls /mnt/usb6
bin   dev  home  lost+found  mnt  proc  run   selinux  sys  usr
boot  etc  lib   media       opt  root  sbin  srv      tmp  var

homeが見えているので、あとは必要なファイルをコピーして取り出すだけだ。



2015年3月22日 (日)

b-mobileとnifmo【 Ascend Mate7 】

Zenphone5に続いて、 Ascend Mate7でもb-mobileとニフモの速度を比べてみた。

まずはニフモ

1427001302436.jpg

サーバーが違うせいか機種の性能差なのか、Zenphone5とは大違いだ。

続いてb-mobile

1427001303826.jpg

こちらはサーバーが元に戻ったせいか遅くなっているが、それでもZenphone5と比べれば大違い。

そういえばZenphone5と違って4Gになってる。SIMの差もあるけど、機種の差も大きいんだな。さすがオクタコアといったところか。

b-mobileとnifmo【Zenphone5】

b-mobileの高速定額を買ったので、 Zenphone5のSIMを差し替えてニフモと速度を比べてみた。

まずはZenphone5+Nifmo

1426999020693.jpg

うちは電波が悪く4Gにならないので遅すぎて使い物にならない。(怒)

続いてZenphone5+b-mobile

1426999021734.jpg

同じドコモ回線なので当然4Gにはならないけど、まあまあ使える感じかな。

2015年2月 8日 (日)

galaxy

Galaxy S3αの液晶が酷いことになっていたので、ケータイ補償お届けを使って交換した。

1423353520174.jpg

こんな事になっても使いつづけていたという。

1423353521626.jpg

151に電話して申し込んだらすぐ届いた。

1423353522701.jpg

2年前の最新機種も、Ascend mate 7とは比べものにならない。zenphone5と比べても見劣りするかな。

さて、今となっては、このGalaxyの使い道が無い。

ニフモのSIMを挿すか。Wifiで運用か。あるいは手放すか。

2015年1月29日 (木)

Ascend Mate 7を買ってみた

HuaweiのAscend Mate 7を買ってみた。

オクタコアってだけでなんかすごいけど、これだけヌルヌル動いて、しかもバッテリーもよく持つ。

zenphone5に不満は無いけど、やっぱり違うね。

さて、ニフモSIMもう一枚買うか。


1422486751081.jpg


1422486752747.jpg


1422486753868.jpg


1422486755386.jpg

2015年1月28日 (水)

ニフモのスピードテスト 2015.01.28

1422400105342.jpg

2015年1月27日 (火)

爆笑問題

爆笑問題の日曜サンデーから、「よくわかりまーすたー」が届いた。

1422313944015.jpg

2015年1月22日 (木)

ニフモのスピードテスト

1421881873361.jpg

朝のNifmoスピード計測。定期にしようかなあ。

2014年12月29日 (月)

ソフトバンクからニフモにMNPしてみた

ソフトバンクからニフモにMNPしてみた。 人柱覚悟で。 1419819103043.jpg 1419819104053.jpg 1419819104612.jpg 1419819105323.jpg 1419819105967.jpg

MNP手続き開始されてから、物が届くまで丸々2日。この間、携帯無しで過ごした。携帯依存症でもないので、まあ問題なし。(笑) 手続きが開始されるまで、色々とあったけれども、そのあたりはまた今度。

2014年7月 8日 (火)

HTML5コンテストは落選か?

暇なのでHTML5コンテストに2作品も応募してみたんだけどね。落選か?

せっかく作ったので、ここを見てしまった暇な人は遊んでみてね。ゲームだからね。

1.And FindMe

2.AttaQuiz

2014年6月 4日 (水)

Androidアプリを作ってみた

訳あって暇を持て余してるので、Androidのゲームアプリを作ってみた。

https://play.google.com/store/apps/details?id=net.tomomori.android.tmmTouchinorder&hl=ja

かなり久々の投稿で、ここを見てる人がまだいるかどうか分からないけど、まだ見てる人でAndroidを使ってる人は、このゲームを試して感想を聞かせてね。

2013年1月24日 (木)

RadPHPの「Wizard for PhoneGap」のこと #RadPHP

前回書いたやつの続き

RadPHP XE2 のアップデートはUpdate4で止まったみたいだが、Embarcaderoのフォーラムで質問した、これとかこれとか、そのほか色々と我慢する事が多い。

「Wizard for PhoneGap」にもいっぱい嫌な点がある。(Android用にしか使ってないのでiOSのことはわからない)

1.プロジェクトに追加した.jsファイルが出力フォルダにコピーされないとか、
2.せっかく会社名を入力しても覚えてくれず、次回はまた「Embarcadero」に戻っちゃうとか、
3.会社名を入力しても、パッケージ名は「com.会社名」になっちゃう。「net.会社名.パッケージ名」にしたいのに。とか、
4.出力フォルダもプロジェクト毎には覚えてくれず、別のプロジェクトで入力したやつが出てきちゃうとか、
5.アイコンに透過PNGを指定しているのに、なぜか透過じゃなくなっちゃうとか、
6.リリース用のキーストアを覚えてくれない。propertiesファイルにはプレーンテキストで保存されてるっぽいのに。とか、

あとは...まあいいか。

せっかく買ったものなので、それくらいは我慢して使う。

バッチファイルを作って、その中で↑のフォローをごにょごにょとやって、antでbuildした方がいいと思う。

1と5は単純にファイルコピーで。
2と3はフォーラムで教えてもらった通り、*.javaやAndroidManifest.xmlファイル内のパッケージ名変更のほか、javaファイルが置いてあるフォルダ名も変更してやる。
4は気を付ける。(笑)
6はant.propertiesファイルを使って、antでビルドするので関係ない。

こんな感じで。

2013年1月19日 (土)

RadPHPで作ったPhoneGapアプリをリリースしてみた。 #RadPHP #Android #app

RadPHPで作ったPhoneGapアプリをリリースしてみた。
RadPHPとPhoneGapのテストのために作った、簡単なタイマーアプリなのだが、この組み合わせでの開発は、簡単といえば簡単だが、思ったよりも面倒な部分も多々ある。その辺りは徐々に書いていこうと思う。

 

tmmSimpleTimer

https://play.google.com/store/apps/details?id=net.tomomori.android.tmmSimpleTimer&hl=ja

Tmmsimpletimer

2013年1月14日 (月)

RadPHPのPhoneGapをアップデートしてみた。 #RadPHP #Cordova

PhoneGapで、あるプラグインを使いたかったのだが、RadPHP XE2のPhoneGapは古く(PhoneGap-1.3.0)、そのプラグインはcordova1.6以上じゃないと使えないっぽい。

なので、1.6.1にアップデートしてみた。cordova-1.6.1になり、名前が変わっているので、色々と変更する箇所があって面倒だったが、rpclも該当箇所を洗い出し、思い切って変更してしまった。

Phonegapexamples

RadPHPでコントロールの位置が保存されない件のその後 #RadPHP

↓でバグだと教えていただいたものの、その後、fixされたのかどうかわからない。

https://forums.embarcadero.com/thread.jspa?threadID=74171&tstart=0

でもやっぱりPanelは使いたい物なので、自分なりの方法をあみだした。
それは、設計時は幅640くらいで作っておいて、実行時に320に縮めるという。笑。

凧上げ


2013年1月13日 (日)

新鹿沼宿の鹿沼和牛入りカレー #道の駅

国道293号線沿いにある、新鹿沼宿という道の駅で食べた、【かぬま和牛入りカレー】650円也。

写真で、大きな具(鹿沼和牛)が沢山入っているように見えるのは、じゃがいもとニンジン。

鹿沼和牛はとろけてしまったのだろうか。ここは蕎麦も高いね。


undefined


undefined

2013年1月12日 (土)

Androidのビルドターゲットを変更するには #RadPHP #XE2 #PhoneGap

RadPHP XE2で作成したMobile Applicationのビルドターゲットを変更するには、project.propertiesを編集すればいいようだ。

2013年1月 2日 (水)

富士山の写真 #富士山 #MtFuji

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年も立派な富士山の写真を頂いたのでご紹介。

Img_4864

2013/01/01 7:39撮影(クリックで拡大)

«BREXのサインをGETだぜぇ #BREX