« PageRank | トップページ | スパム »

2004年7月 1日 (木)

embedded vc++ その3

今日学んだこと。

実行時引数を取得するには__argcと__argvを使う。delphiで言えばそれぞれ、ParamCountとParamStrと同じ。__argv[0]もParamStr(0)と同じで、実行ファイルのパスが入るようだ。

ただ、ハマってしまったのはアンダースコアは1つでなく2つである事。

« PageRank | トップページ | スパム »

embedded vc++」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: embedded vc++ その3:

« PageRank | トップページ | スパム »