« Lazarus メモリーリーク検出方法 | トップページ | LazarusでCGI »

2009年12月 6日 (日)

PowerPDFとByteType

 

Lazarus-ccrからPowerPDFコンポーネントをチェックアウトし、Lazarusにインストールしてみたのですが、日本語が全く表示されませんでした。
 なんとなく、UTF8化されていないんだろうなあと思いつつ、デバッガでソースを追ってみました。
 すると、sysutilsユニット(sysstrh.inc)で定義されているByteType関数の戻り値が、mbSingleByteしか返さないことに気がつきました。
 まずは、UTF8に対応したByteType関数を作成する必要がありそうです。

« Lazarus メモリーリーク検出方法 | トップページ | LazarusでCGI »

Lazarus」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PowerPDFとByteType:

« Lazarus メモリーリーク検出方法 | トップページ | LazarusでCGI »